スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひかりの輪」取材記

現在、発表先の当ての無い形で、宗教団体「ひかりの輪」(http://www.joyus.jp/hikarinowa/) を取材させてもらっている。

ひかりの輪は、宗教団体アーレフ(オウム真理教から改称)を離脱した上祐史浩氏が、脱会した信者らと共に立ち上げた宗教団体。
分裂した理由は、脱・麻原を目指そうとした上祐氏と、それを快く思わない松本家(麻原彰晃=松本智津夫の妻・娘)が対立したためといわれている。
一般社会でいうと、企業の創業者が死んで(まだ麻原は死んでないが)、新体制を発表した新社長と創業者一族が対立する構図と考えると分かりやすい。また、新団体を立ち上げた上祐氏に、教祖願望があるのではないかと危惧する声もある。

信者(ひかりの輪では会員と呼ぶ)たちはなぜ上祐氏についていったのか、なぜ他の宗教ではダメなのか、団体の実態など、オウムに衝撃を受けた世代として、非常に興味が湧いた。
その辺を探りたいと考え、同教団の副代表役員であり広報部長の広末晃敏氏らに取材意図を説明した上で、説法会に参加させていただいた。

ひかりの輪の東京本部道場は、千歳烏山駅から5分程度の場所にある。
商店街を抜けて路地に入ると、遠目からでもマンションの入り口に数名の公安がいるのが分かった。
入り口にプレハブがあり、今でも24時間警察が詰めて監視しているそうだ。
その時は、教団幹部の広末氏らと一緒だったので何も聞かれなかったが、基本的には説法会に訪れた人は必ず名前を聞かれる。
ひかりの輪本部
少なからず、ほかの住民からの反対運動はあるようだ。

マンションは、一階がまるごと道場施設になっている。その上の階も借りており、そこは幹部や信者の居住スペースとなっているようだ。施設内には在家信者(一般会員)を中心に、20名ほどの人が集まっていた。メインとなる部屋には釈迦や弥勒菩薩などが祭られた祭壇があり、両脇には液晶モニター、プロジェクターも用意されている。宗教的な祭壇の隣に、ピカピカの液晶モニターがあるというミスマッチが、ちょっと面白い。
モニターはイメージ映像を放映したり、説法に即した動画を流す際に使われる。

まずは、法具を使った「聖音波動」というヒーリングやヨーガなどを体験。
聖音派動は金属製のボウルを鳴らし、寝転がった体験者の周りに複数のスピーカーを配置して行われる。寝る時にスピーカーに触れたら怒られてしまったので、微妙な配置加減があるのだろう。
身体が浄化されたり血行が良くなったりするらしいが、正直、効果はよく分からなかった。だが、とても良い音色だとは思った。ネパールなどで買い付けた法具ということで、かなり上等な物なのではないかと思う。

その後、代表の上祐氏が登場し、儀式と説法へ。
上祐氏は初めて生で見たのだが、もう40代半ばというのにテレビで見ていた頃と同じように男前であった。なるほど、追っかけギャルがいたのも頷ける。(ちなみに、現在も女性ファンはいるそうである)
あの鼻にかかった独特の声はそのままだったが、記者の前でボードを投げたり、村井幹部刺殺後にカメラの前で「今度は麻原を殺す気ですか!」と叫んでいた人と同一人物とは思えないほど、顔つきや喋り方が柔らかくなっていた。
上祐氏
教団設立会見の時の上祐氏。

説法の内容は仏教の聖地の話が中心。かつてオウムでもやっていたが、聖地巡礼という活動がひかりの輪では特に重要な位置づけになっているらしい。
一般会員から参加者を募って、ツアーなども組んでいるようだ。
聖地として挙がったのは日光や草津、奈良など、意外と身近な土地。
教団立ち上げを思い立った土地ということで、特に日光に思い入れがあるらしい。
瞑想中に教団設立をひらめき、周りを見ると四方に虹が出ていたというエピソードを話していた。

また、温泉で知られる草津は有名なパワースポットで、普通は入れないような高温の源泉でも、草津なら薄めずに入れてしまうという話をしていた。だが後日、オウム脱会者をケアする「カナリアの会」の主催者・滝本太郎弁護士に会った時、その話をすると「湯もみをしてるから入れるんでしょ」と、パワースポット云々を速攻否定していた。
まあ、これは確かにそうだなと思った。

とはいえ、上祐氏の話は基本的には理路整然としていて、非常に頭のよい人であることは伝わってきた。だが、理路整然としすぎていて、宗教団体の説法というより大学の講義のような感じを受けた。簡単に言ってしまえば、よほど宗教に興味がある人以外にはつまらない。この辺は、俗っぽいことも平気で喋って、良くも悪くも人を引き付ける麻原とは違うところだ。

説法が終わると参加者との質疑応答が始まる。すぐ後ろにいた老人が最初に質問したのだが、その人が川西杏さんだと知って物凄くビビる。
まさかいるとは思わず、全然気付かなかった。
川西さんを知らない人は検索とかしてもらうと分かると思うが、在日歌手で不動産屋で因果者という偉大な方です。昔、ガロから根本敬さん絡みでビデオも出てた。
川西さんは、いきなり説法とも教団とも関係ない戦争中に在日朝鮮人がいかに酷い目にあったかという話を始め、あの上祐氏が苦笑い。
ひかりの輪の会員の人たちから「あの人は変わった方ですね」と言われており、オウム信者から変わり者扱いされるってどんなだよと思った(笑)。
川西杏さん
闘う在日朝鮮韓国人シンガーソングライター、川西杏さん。

この後も説法会に参加させてもらったり、信者の人たちと様々な話をさせてもらったり、あの川西さんとはサシで接触することになるだが、それはまた後日。

AA
(2003/07/25)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る

A2A2
(2003/07/25)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る

「A」―マスコミが報道しなかったオウムの素顔 (角川文庫)「A」―マスコミが報道しなかったオウムの素顔 (角川文庫)
(2002/01)
森 達也

商品詳細を見る
コメント
ネパールで仕入れたのだったら
逆にすんごーく安く手に入れてるはずですよ
買い物してたら物価だいたい20分の1くらいでしたから
2008/01/10(木) 08:41 | URL | ゆき #-[ 編集]
>ゆきさん
物価は安いのですが、仏教の本場なので質の高い物(もちろん紛い物もたくさんある)があるらしいです。質の良い物を安く手に入れるため、わざわざ買い付けにいくみたいです。
教団の懐事情が厳しいのは事実のようなので、安さを求めてという部分がメインかも知れませんが、原始仏教を信仰しているらしいので「ネパールの法具」ということに意味がある可能性もありますね。
2008/01/10(木) 09:45 | URL | ローリングクレイドル #-[ 編集]
ディープな取材されていますね。くれぐれも気を付けてくださいね。
心配はしていても、次のUPを楽しみにしております。

川西さん伝期待しております。
2008/01/10(木) 23:05 | URL | psyche #-[ 編集]
どうも、チラっと教えていただいていたのでアレでしたが。
自分も編集者時代は「とにかく実際に行く、聞く、見る」を
なるべくモットーにしていたので、こういう取材の大変さは
よく解ります。
前身のオウム時代、あのブームや一連の騒動、そして「事
件」…もう20年なんすよね。あの頃は面白がって連日の報
道や彼らのアクションを見物する日々でした。
そういえば友沢ミミヨさんは青山総本部へオウムグッズを
買いに行ったなんてこともありましたな。連日の報道もVH
Sに録画したり…。
しかし川西さんがいたというのはメールでうかがって本当に
ビックリ仰天でした。先日ちょっと根本さんとメールでやりと
りを、本当に直接のやりとりは十年ぶりくらいだったんすが
したばかりで、因果スポットの接近を体感しています。
2008/01/13(日) 10:56 | URL | 白取@京都 #-[ 編集]
>psycheさん
もう、かつての「危険さ」はないということは確信できます。
森達也が「A」を撮った時点で、世間の認識とはズレがありましたしね。
どっちかっていうと、川西さんの方が危険かも…w

>白取さん
探り探りな上に、どうすれば形になるのか分からない状態ではありますが、自分の好奇心や嗜好に正直でいたいなあと考えてやってます。
一連の騒動は、もはや一昔前ですね。
もう、オウム騒動を知らない子供もいるでしょうね。
信者の方に話を聞いたら、メディア報道が頂点だったころは、オウムグッズを買いに来る一般の人が多かったそうで、路上でパフォーマンスをする信者に握手を求める人までいたそうです。

川西さんは、オウム時代から関連活動はやってたみたいなんですが、普通に説法会に参加してるとは思いませんでした。
まあ、店が近いってのもあるんでしょうが(道場から5分かからない)。
今や有名人になった坂上弘さんも、川西さんの不動産屋で働いてたし、やっぱり集まるところには集まるんですねw

2008/01/13(日) 23:46 | URL | ローリングクレイドル #-[ 編集]
読ませていただきました。とても面白いです。

僕は、ITを駆使した第二のカルト集団(ポストオウム)が
どこかの裏サイトなどで暗躍してるんじゃないか?なんて
ずーっと勘ぐってるんですが、
ローリングクレイドルさんはどう思いますか??


それから、リンク張ってくださってありがとうございます。
「奴が復活した」のコメントにしびれました!!
2008/01/29(火) 17:00 | URL | 田中ようた(ぼくは16角形) #-[ 編集]
ありがとうございます。
今は裏サイトなどより、「スピリチュアル」と称して、堂々と営業する方が良いみたいです。ひかりの輪の人とも話したんですが、超能力ブーム、ニューエイジブーム、宗教ブーム、自己啓発ブーム、スピリチュアルブームと、微妙に変わってはいますが、非科学的なものに惹かれるという本質は似たようなものなのだろうなと。
密かに地下でカルト集団が活動してた方が、絶対面白いですけどね。

奴とか言ってスイマセン。
4ガロ全盛期を見るようで、完全復活を確信しました。
2008/01/30(水) 14:23 | URL | ローリングクレイドル #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rollingcradle

Author:rollingcradle
ソドムの市へようこそ!
連絡先:rollingcradle666@gmail.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。